歯並びの悪さによって起こる身体への影響

歯並びの悪さによって起こる身体への影響

歯並びの悪さは、ただ見た目が悪くなるだけではなく、身体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。具体的にどのような悪影響を及ぼしてしまうのかご紹介いたします。歯並びの悪さを改善するために、矯正歯科治療をご検討いただければ幸いです。

虫歯や歯周病のリスクが高まる

歯並びが悪いと、歯と歯の間・歯と歯肉の隙間にうまく歯ブラシをあてられません。磨き残しが多く不衛生な状態となり、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。さらに歯周病に関しては、歯茎の炎症や出血を引き起こすだけでなく、糖尿病や心疾患、脳梗塞などのリスクを高めるとも言われています。若いうちに将来を見据えて矯正治療を行うことが大切です。

消化吸収作用の低下

歯並びが悪いと食べ物をうまくかみ切れないなど、咀嚼に影響を与えます。咀嚼が少ないほど、消化を助ける唾液の分泌量も少なくなってしまうものです。すると、胃や腸で多くの食べ物の消化を担わなくてはならず、消化吸収作用の著しい低下を招きます。また、かむほど満腹感が脳へと伝わる仕組みですが、咀嚼が少ないために脳へと刺激が伝わらず、食べる量も多くなってさらに胃や腸への負担が増しますし、肥満の要因にもなってしまいます。

不定愁訴を招く

  

歯並びやかみ合わせの悪さで下顎の位置がズレてしまうことにあります。無理にちゃんとかもうとしてしまい、下顎の位置のズレを招くのですが、これに付随する筋肉や神経系にも影響を及ぼし、全体的な不調へとつながってしまうこともあります。

イライラしやすくなる

イライラしやすくなる

歯並びの悪さは精神面にも悪影響を及ぼします。特にストレスが強くかかっているときは、かみ合わせのバランスが崩れやすく、イライラしたり落ち込んだり、やる気が出ないなど、精神面が不安定な状態に陥りやすくなります。

このような様々な悪影響を及ぼす前に、ぜひお早めの矯正歯科治療をおすすめします。 秦野市で矯正歯科をお探しなら、どうぞ当院にご相談ください。部分矯正子どもを対象とした小児矯正など、幅広く矯正治療に対応しています。

学校の歯科検診結果をお持ちくだされば、費用無料でご相談に応じさせていただきます。歯並びだけでなく、顎関節症や口唇口蓋裂にお悩みの方も、どうぞお気軽にご相談ください。秦野市初の矯正専門医として開業し、25年の豊富な経験と実績があります。

  • ページのトップへ戻る