出っ歯になりやすい人の特徴

出っ歯は目立ちやすく、虫歯や歯周病になりやすいといわれています。また口を閉じるのが難しいと、睡眠時無呼吸症候群を引き起こすこともあります。出っ歯は矯正専門歯医者さんに相談し、生活習慣を改善することで防ぐことも可能です。

こんな癖の持ち主は要注意

口呼吸を招く癖
口呼吸を招く癖

おしゃぶりを使う、指をしゃぶる、爪を噛むなどの癖は、3歳頃までに止めることをおすすめします。なぜなら歯が押されることで前歯がかみ合わなくなったり、出っ歯になったり、口呼吸になったりするからです。

通常の鼻呼吸であれば鼻の空洞部分が広がっていくため、上顎も成長して歯並びが良くなりますが、口呼吸だと舌の位置が下がり、上顎が充分に成長できません。そのため出っ歯や乱杭歯(デコボコの歯並び)になりやすくなるのです。

唇の筋肉が弱くなる癖

口を開きっぱなしにする癖があると、口の周りや唇の筋肉を弱める結果になります。唇の筋肉が弱くなると歯が前に飛び出し、口を閉じることがさらに難しくなりますので、口は常に閉じるように心がけましょう。また、舌を出す、ものを飲み込むときに舌で歯を押すような癖も良くありません。前歯がかみ合わない状態を作るため、出っ歯になりやすくなるからです。

上の前歯で下唇を噛む癖

唇を噛むことで下の前歯が内側に倒れるため要注意です。下顎にシワができている場合は、下唇に力が無意識のうちに入っていることが多いです。無意識のうちに下の前歯を唇で押している形になるので、出っ歯になるようです。

遺伝の影響もある?!

遺伝の影響もある?!

出っ歯・すきっ歯などの歯並びが遺伝することはありませんが、歯並びを形成する顔や顎の骨格、歯の大きさや位置などの基本的な要因が似ていれば、同じような歯並びになる可能性は高くなります。そのため結果的に出っ歯になることもあるようです。

歯周病などの歯の病気で奥歯が無くなってしまうと、出っ歯になることもあります。かみ合わせが深くなってしまうので、前歯が前に出てしまうのです。奥歯が無くなったら、インプラント(人工歯根)や入れ歯などを入れるなど放置しないことをおすすめします。

当院は、小田原線秦野駅から徒歩5分で通える矯正歯科医院です。秦野市初の矯正専門医として25年近く、地域に根ざした治療を行ってきました。平塚市や厚木市から来られる患者さんも多く、顎変形症に対する外科矯正の保険治療にも対応いたします。出っ歯などのかみ合わせでお困りでしたら、お気軽にご相談ください。

  • ページのトップへ戻る