口唇口蓋裂の基礎知識

口唇口蓋裂の基礎知識

我が国日本は口唇口蓋裂の発症率がとても高く、実際、口唇口蓋裂の赤ちゃんが生まれてくる確率は約500~600の出産に1人といわれています。口唇口蓋裂とは一体どのようなものなのでしょうか?

口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ)とは?

先天性異常の1つとして知られる口唇口蓋裂は、生まれながらにして、口唇・硬口蓋(上顎)・軟口蓋(喉彦)が繋がっていない状態のことを指します。披裂を生じて生まれるこの疾患には、唇のみが割れた「口唇裂(こうしんれつ)」や、唇と歯茎が割れた「唇顎裂(こうがくれつ)」、唇と歯茎と口蓋が割れた「唇顎口蓋裂(こうがくこうがいれつ)」の種類があります。

また、片側か両側か、裂の場所や程度によって不完全、完全に分けられます。さらに、顔の一部も裂けている「斜顔裂(しゃがんれつ)」や「横顔裂(おうがんれつ)」も存在し、場合によっては耳や指の形態異常による他の合併症を伴って、生まれてくるケースも稀ではありません。

口唇口蓋裂の原因

お母さんのお腹の中にいる時、胎児の顔は、鼻や唇、顎などがまだ左右に分かれた状態です。それが生まれてくるまでの成長に伴い、徐々にくっつきながら全体的に形成されていくのですが、何らかの異常によって上手く融合されないのが口唇口蓋裂です。

なぜこのような異常が生じるのか?実情として、その原因は未だ明確にはなっていません。遺伝的要素が含まれることもありますし、母体の栄養障害やストレス、放射線の照射といった環境的要素も多く指摘されます。

近年では、何か1つの原因によって病気になるというよりも、多数の候補因子が複雑に組み合わさって、ある一定の限界を超えた場合に発生するという『多因子しきい説』が最も有力とされています。

治療の必要性

治療の必要性

口唇口蓋裂は、見た目以外にも様々な弊害が起こります。例えば、口唇口蓋裂の人は空気が鼻から漏れてしまうため、ミルクを上手に飲めなくなる哺乳の問題が生じます。

また、軟口蓋と咽頭の間を閉鎖する機能が不十分になり、発音の仕方に支障が出始めます。口蓋裂があることや歯並びの悪さから、食べ物を噛む・飲み込むことが困難になります。また、風邪や中耳炎にかかりやすく、他の病気との合併症を招く危険性をも持ち合わせています。

こうした歯列不正や咬合、顎顔面発育に関連する機能の問題は、通常の日常生活を困難にするだけでなく、顔立ちのコンプレックスから、社会生活にも溶け込みづらくする心理的影響も大きくなるため、早い段階での適切な治療を受ける必要があるのです。

秦野市にあります当院では、一般的な矯正歯科(出っ歯・乱杭歯・受け口・開咬)だけでなく、口唇口蓋裂の矯正治療にも対応しています。全身に弊害をもたらす口唇口蓋裂を本来の形に戻し、お子様の健やかな成長・発育へと貢献します。

口唇口蓋裂の矯正治療は、小田原市、平塚市、厚木市、伊勢原市、中井町などの他院では取り扱いの少ない分野となりますので、矯正治療ならぜひ専門医の在籍する当院まで気軽にご相談ください。

  • ページのトップへ戻る