歯が重なり合って生えている ~乱杭歯~

歯が横にきちんと並ばず、重なり合っている「乱杭歯(らんぐいば)」。またの名を「叢生(そうせい)」といいます。不正咬合の中でももっとも多いケースであるといわれており、たとえば八重歯も乱杭歯の一つ。少し前なら「チャームポイント」といわれた八重歯も、実は機能的に問題があるため、適切な治療が必要です。

当院の症例についてはこちらをご覧ください。

乱杭歯の問題

虫歯・歯周病になりやすい 歯と歯が重なり合っているため食べかすがつまりやすく、さらにブラッシングもしにくい状態。そのため虫歯や歯周病になりやすい。
食べ物がうまくかめない 上下の歯並びがでこぼこだと、しっかりかみ合わないため食べ物がかみにくくなる。
見た目が気になる でこぼこの歯並びは、コンプレックスになることがある。

乱杭歯の原因

顎の発達が未熟

やわらかいものばかり食べるなどしていると、顎は正しく成長することができません。そのため歯が並ぶスペースがなくなり、重なり合って生えてきてしまいます。食生活が変わったことで、現代のお子さんには乱杭歯が増えています。

顎に対して歯が大きい

歯自体が大きく、顎に並ばないため、乱杭歯になるケースもあります。こちらは遺伝的要因が多いといわれています。

乱杭歯の治療法

乱杭歯の治療法には、おもに次の3つが挙げられます。どの治療法を選択するかは、一人ひとりの歯並びによって異なりますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

治療法1: 抜歯をして、歯を移動させる

乱杭歯の症状が著しい場合には、抜歯をしてスペースを確保し、歯を正しい位置に移動させていきます。

治療法2: 抜歯をせず、歯を移動させる

症状が比較的軽度の場合には、抜歯をせず歯を移動させていきます。顎を広げたり、奥歯をもっと奥に引っ張ったりするなどして、正しい歯並びへと導きます。

治療法3: 歯を削ったうえで、歯を移動させる

症状がごく軽度である場合には、歯の表面を薄く削って歯自体のサイズを調整し、歯を移動させていきます。削る部分はごくわずかですので、心配はいりません。

「治療を受けると、どれくらい歯並びはよくなるの?」

  • ページのトップへ戻る