出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

矯正治療の痛み(マルチブラケット装置の場合)

矯正治療を始めるにあたり「痛み」に関して不安を感じる方は少なくありません。痛みの感じ方には個人差がありますので一概には言えませんが、どんな時に痛みが出やすいか、また痛みが出た時の対処法をお話したいと思います。

歯が動く時の痛み

ブラケットをつけた後や、ワイヤーの調整をした後は痛みが出やすいです。下の前歯にブラケットをつけた日は、痛みを強く感じるかもしれません。物を咬んだ時にも痛みが出る方もいます。

個人差はありますが、痛みを感じても3日から1週間程度で緩和します。痛い時の食事は、小さく切った物や柔らかい物をお勧めします。ブラケットが取れてしまった場合、次回の来院日につけ直すことができますが、来院日が遠い場合や痛みがある場合はご連絡下さい。

 

ワイヤーや、ブラケットが当たる(食い込む)時の痛み

歯の動きによって奥歯につけたブラケットの端からワイヤーが出てきて、粘膜に当たると痛むことがあります。柔らかいワイヤーの場合は爪切りで切れますが、切るのが難しい、固いワイヤーがついている場合はご連絡下さい。

またブラケットが唇の裏や頬の粘膜に触れ、刺激となって痛みが出ることがあります。当医院ではワックスをお渡ししています。痛みが出たら、ワックスをちぎって丸め、それをブラケットに被せて粘膜と直接触れないようにカバーできます。

ブラケットとワイヤーを結ぶ結紮線の端がワイヤーの下から出てきてしまった場合は、ワイヤーの下に押し込んでください。また、唇の裏の粘膜にワイヤーが食い込んで痛むことがあります。次第に落ち着きますが、痛みが続く場合はワイヤーに透明なチューブを通して当たりを和らげることもできます。

新型コロナウイルスの影響で、来院に不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。緊急でお聞きになりたい事がございましたらオンライン診療も行っておりますのでお電話でご連絡下さい。歯科衛生士 安居院

 

 

  • お問い合わせはお電話でどうぞ

    当院でお仕事にご興味のある方は
    お気軽にお問い合わせください。

    0463-82-8213

    • 診療時間:9:30~12:00/14:00~18:00
    • 休診日:木曜日・日曜・祝日・第3日曜日の翌日