出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

妊産婦の口腔ケアについて

歯周病は細菌感染により歯周組織が破壊される疾患です。歯周病は心臓発作や脳卒中を引き起こす確率が高くなること、喫煙が歯周病を進行させることなど、全身疾患と深く関わりがあることがわかってきています。

妊婦の方には特に関心を持っていただきたい疾患です。妊娠中に「歯肉が腫れた」と訴える方がいますが女性ホルモンの活発な働きにより炎症反応が起こりやすくなります。つわりなどによって口腔ケアがおろそかになることも原因に挙げられます。

日頃からプラークコントロールができている場合、歯肉炎が起きることは少ないのですがプラークコントロールができていない方、妊娠前に歯肉炎や歯周炎に罹患していた方は妊娠を契機に再発する可能性が高くなります。

妊娠中に歯周病に罹患している場合、早産や低体重児出産の危険性が7倍以上高くなるという報告もあります。

歯周病は自覚症状がないため、定期的に歯科医院で検診を受けましょう。特に矯正治療中はしっかりプラークコントロールをする必要がありますので、毎日のセルフケアをしっかり行い歯周病の予防をしていきましょう。

歯科衛生士 阿部

  • お問い合わせはお電話でどうぞ

    当院でお仕事にご興味のある方は
    お気軽にお問い合わせください。

    0463-82-8213

    • 診療時間:9:30~12:00/14:00~18:00
    • 休診日:木曜日・日曜・祝日・第3日曜日の翌日