出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

歯垢と歯石

虫歯や歯周病にならない為に、毎日の歯磨きはとても大切。これは非常によく聞く言葉ですね。

では、歯磨きで一体「何」を落とせば良いでしょうか。「歯の汚れでしょ?」と思う方がほとんどだと思います。実は一口に「汚れ」と言っても、歯に付着している物にはいくつか種類があるのです。

まずは、食事の後にお口の中に残った、食べ物のかす。歯に挟まってお口に違和感を感じたり、歯を磨いてうがいをしたら出てきたりするので、分かりやすい汚れだと思います。

注目してもらいたいのが、「歯垢」または「プラーク」と呼ばれるもの。最近CM等でよく耳にするのではないでしょうか。

歯と歯茎の境目や、歯と歯の間、奥歯の溝に白いねばねばした汚れがくっついていませんか?見つけたら、爪で引っ掻いて見ましょう。爪に取れたら、それが歯垢です。

これは食べ物のかすとは違い、細菌の塊で、虫歯や歯周病の原因です。1gあたり、なんと1000億個以上の細菌が詰まっていると言われています。

歯磨きで食べ物のかすだけお掃除しても、歯垢が残っていたら虫歯になってしまうのです。

今は特に見当たらなくても、実は歯垢は食後およそ4~8時間ほどで作られてしまいます。食事の後の歯磨きが大切と言われているのはこの為ですね。

歯垢はうがいでは落ちません。歯ブラシを10回以上細かく動かして、歯がツルツルになるまで磨いて落としましょう。

さらに注意していただきたいのが、「歯石」。歯垢を落とさないまま放っておくと、石灰化して石のように固まり、歯石になります。

歯石も歯と歯茎の境目や歯と歯の間に付いていることが多いですが、歯垢とは違い、引っ掻いても取れません。

歯石がついている方は要注意です。歯石は歯茎の炎症を引き起こし、歯周病の原因になったり、歯周病を進行させる他、歯石は表面がデコボコしているため、その上にさらに歯垢がくっつきやすいという悪循環を引き起こします。

歯石は、一度ついてしまうとどんなに歯磨きを頑張っても、歯ブラシでは落とすことができません。歯科医院でお掃除してもらいましょう。

いかがでしたか?是非、歯磨きの前にまずは鏡で、自分のお口の中をよく観察してみてください。この3種類の汚れをしっかり落とすことができると、お口の中が驚く程すっきりしますよ!

歯科衛生士 金本

  • お問い合わせはお電話でどうぞ

    当院でお仕事にご興味のある方は
    お気軽にお問い合わせください。

    0463-82-8213

    • 診療時間:9:30~12:00/14:00~18:00
    • 休診日:木曜日・日曜・祝日・第3日曜日の翌日