出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

虫歯予防に使うフッ素について

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 

今回はフッ素についてお話させていただきます。

フッ素は虫歯予防に効果があるのは皆さんご存知だと思います。

では、どのような虫歯予防の効果があるのでしょうか?

1.歯質強化

歯の質を強くして酸に溶けにくい強い丈夫な歯にします。

2.細菌の酸産生抑制

むし歯菌の働きを弱め、酸が作られるのを抑制します。

3.再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリン酸の再沈着を促進します。

 

萌出中・萌出直後の永久歯は非常に弱くむし歯になりやすいのでこの時期にフッ素を応用することはとても効果的です。また矯正治療中は歯磨きがしづらく、歯垢もつきやすいのでむし歯になるリスクは高くなります。ですから矯正治療中の患者さんにこそフッ素を積極的に応用していただきたいです。

 

当院でのフッ素の応用方法は3つです。

・フッ素塗布(歯科医院で行う)高濃度のフッ素を歯科衛生士が3〜4か月に1度、定期的に塗布していきます。

・フッ素洗口(ご家庭で行う)1日1回、歯磨きの後に適量をお口に含みブクブクとお口をゆすぎます。ブクブクうがいの出来る年齢からのご使用をおすすめしています。

・フッ素入り歯磨剤(ご家庭で行う)適量を歯ブラシに出し、歯を磨きます。その後、少量のお水でゆすぎます。6歳未満のお子様のご使用はお控えください。詳しくは以前のブログ「フッ素入り歯磨き剤」をご覧ください。

どちらのフッ素もご希望がありましたらスタッフまでお声掛けください。

 

しかしフッ素は100%予防が出来るわけではありません。フッ素を応用しているからと、日々の歯磨きを怠っていたり、甘いものをダラダラと食べていてはむし歯が出来ることもあります。そこはしっかりと理解していただかなければいけません。

フッ素を上手に取り入れてむし歯のない健康な歯を目指しましょう!

      

                                         歯科衛生士 冨田

 

 

 

  • お問い合わせはお電話でどうぞ

    当院でお仕事にご興味のある方は
    お気軽にお問い合わせください。

    0463-82-8213

    • 診療時間:9:30~12:00/14:00~18:00
    • 休診日:木曜日・日曜・祝日・第3日曜日の翌日