出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

費用のご案内

費用のご案内

治療期間が長きにわたる矯正治療。「悪いところは治したいけど、一体いくらかかるの?」と、治療費のことはどなたも気になるところでしょう。こちらでは、秦野市・秦野駅から徒歩5分の歯医者「高橋矯正歯科医院」の矯正費用や医療費控除などについてご紹介しています。また、随時費用に関するご質問・ご相談を受けつけていますので、お気軽にお問い合わせください。

気になる矯正費用について

矯正費用
検査料
乳歯・混合歯列(小児) 模型制作・レントゲン3枚・口腔内写真・顔面写真・診断料 45,000円
永久歯列(成人) 模型制作・レントゲン5枚・口腔内写真・顔面写真・口腔内診査
顎運動・診断料
59,000円

※すべて税抜表記です

基本施術料(装置装着料)
乳歯・混合歯列
(小児)
※Bの装置料金が追加されます。3~8万円程度です。
100,000円
永久歯列
(成人)
※Aの装置料金が追加されます。
300,000円

※すべて税抜表記です

動的装置料(咬み合わせと歯並びを変えるための装置)
A マルチブラケット メタル 300,000円
セラミック 400,000円
リンガル 500,000円
マウスピース型矯正装置 740,000円
B セクショナルアーチ 50,000円
リンガルアーチ 30,000円
ホールディングアーチ 30,000円
パラタルアーチ 30,000円
ポーター 30,000円
クワードへリックス 30,000円
チンキャップ 40,000円
ヘッドギアー 60,000円
フェイスマスク 60,000円
バイオネーター 80,000円
エキスパンションスクリュー 30,000円

※すべて税抜表記です

保定装置
乳歯・混合歯列(小児) 15,000円
永久歯列(成人) 80,000円

※すべて税抜表記です

口腔衛生指導料
装置装着前の歯みがき指導、フッ素塗布とフッ素洗口指導 5,500円
処置料(定期検診料)
通常 5,000円
リンガルの場合 8,000円
マウスピース型矯正装置の場合 0~5,000円

※すべて税抜表記です

口腔筋機能療法
1回目 10,000円
2回目以降 3,000円

※すべて税抜表記です

健康保険の適用について

当院では、通常の装置を用いた矯正治療だけでは改善が見込めない症状に対し、手術を用いる外科矯正を行っています。その場合、通常の矯正治療では保険は適用されませんが、自立支援医療(更生・育成医療)指定医院・顎口腔機能診断施設基準届出医療機関で外科矯正治療を行う場合には、健康保険が適用されます。当院は、自立支援医療(更生・育成医療)指定医院・顎口腔機能診断施設基準届出医療機関ですので、安心して外科矯正をお受けいただけます。

保険適用となる場合の治療費 50~60万円程度が目安
健康保険が適用できない場合の治療費 100万円以上
お支払方法

現金でのお支払いのほかに、銀行振込、各種クレジットカードによるお支払い(一括・分割支払い)、デンタルローン、分割手数料が無料の院内分割払いをご利用いただけます。

各種クレジットカード

各種クレジットカード

デンタルローンについて

当院では、最大84回払いまでが可能なスルガ銀行のデンタルローンをご用意しています。スルガ銀行のデンタルローンには以下のような特徴があり、患者さんの負担を軽減し安心してご利用いただけます。

  • 1. 支払い回数を多めに設定できる
  • 2. 年利が7.0~11.0%と低い
  • 3. 上限金額が800万円まで可能
  • 4. 申し込み手続きが非常に簡単
  • 5. 審査の結果が当日、遅くても翌日にはわかる
  • 6. 保険料無料の生命保険が付属している

医療費控除とは

基本的には健康保険が適用されず、高額な費用がかかる矯正治療ですが、治療費の負担を軽減できる方法として「医療費控除制度」があります。医療費控除とは、生計を同じにする家族が1年間に支払った医療費が10万円を超える場合、確定申告の手続きによって所得控除を受けられるという制度です。

医療費控除の対象
  • 一般的に使用されている歯科素材を用いた歯科治療
  • 発育段階にあるこどもの成長を阻害しないために行う、不正咬合の歯列矯正
  • 医療機関に通うために公共の交通機関を利用した場合の交通費

※審美性向上のための歯列矯正は対象外です。また、マイカーを利用した場合のガソリン代や駐車場代は対象外となります。

計算方法

計算方法

計算方法

  • ※1 医療費控除額の上限は200万円です。
  • ※2 審美治療など控除対象外のものもございます。事前にご確認ください。
  • ※3 生命保険などで支給される入院給付金、健康保険などで支給される医療費・家族療養費、出産育児一時金など。
  • ※4 その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額。
手続き方法

医療費控除を受けるには、毎年2月16日から3月15日までの間に、確定申告をする必要があります。確定申告時に、以下の書類などを税務署に提出します。なお、申告は過去5年間までさかのぼることができます。

  • 医療費控除に関する事項を記した確定申告書
  • 医療費・交通費支出の証明書類(領収書や利用した交通機関のメモなど)
  • 還付金を受け取る口座番号(本人名義)
  • 印鑑
  • 源泉徴収票の原本(給与所得がある場合)
  • 治療費や医療費控除に関するご質問・
    ご相談はこちら

    「治療費がどのくらいかかるのか知りたい」
    「医療費控除の適用になるのかわからない」
    といった疑問がある方はお気軽にどうぞ

    0463-82-8213

    • 診療時間:9:30~12:00/14:00~18:00
    • 休診日:木曜日・日曜・祝日・第3日曜日の翌日

    メールでのご相談・ご来院予約はこちら