出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

乱杭歯でお悩みの方へ

乱杭歯でお悩みの方へ

乱杭歯(らんぐいば)とは、歯と歯が重なり合うようにデコボコに生えている状態です。専門的には「叢生(そうせい)」と言い、「八重歯」も叢生の一種です。

秦野市・秦野駅から徒歩5分の歯医者「高橋矯正歯科医院」では、経験豊富な日本矯正歯科学会専門医が矯正治療を担当。これまでに数多くの症例を診てきた経験から、難症例を含めあらゆる症例に対応できます。「乱杭歯かもしれない」「子供が検診で乱杭歯を指摘された」という方は、一度当院までご相談ください。

歯がデコボコに生えている~乱杭歯~

歯がデコボコに生えている~乱杭歯~

乱杭歯の状態は見た目の問題はもちろん、機能的な面など様々なトラブルが生じる可能性があります。気になる乱杭歯の症状があるなら、一度当院にご相談ください。

乱杭歯になる原因
顎の発達が未熟

現代人は食生活の変化により、やわらかい物を食べることが多くなったことで、顎は正しく成長することができず顎の発達が未熟になりやすい傾向があります。そのため歯が並ぶスペースが足りなくなり、重なり合って生えてきてしまうのです。

顎に対して歯が大きい

歯自体が大きく顎に並ばないため、乱杭歯になるケースもあります。こちらは遺伝的要因が多いと言われています。

乱杭歯の問題
虫歯・歯周病になりやすい 歯と歯が重なり合っているため食べかすがつまりやすく、さらにブラッシングもしにくい状態。そのため虫歯や歯周病になりやすい。
食べ物がうまく咬めない 上下の歯並びがデコボコだと、しっかり咬み合わないため食べ物が咬みにくくなる。
見た目が気になる デコボコの歯並びは、コンプレックスになることがある。
乱杭歯の治療方法

乱杭歯の治療方法には、おもに以下の3つが挙げられます。使用する矯正装置は症状の程度によって異なりますが、気になる部分だけを整える部分矯正や、目立たないマウスピース矯正、歯の裏側からつけるリンガルブラケットなどお選びいただけます。どの治療方法を選択するかは、一人ひとりの歯並びによって異なりますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

抜歯をして歯を移動させる

抜歯をしてスペースを確保し、矯正治療で歯を正しい位置に移動させていきます。症状が比較的重度の場合には抜歯が必要になります。

抜歯をせず歯を移動させる

矯正治療で顎を広げたり、奥歯を奥に引っ張ったりするなどして、歯を正しい位置に移動させていきます。症状が比較的軽度の場合には、抜歯をせずに済みます。

歯を削った上で歯を移動させる

歯の表面を薄く削って歯のサイズを調整し、歯を移動させていきます。削る部分はごくわずかです。症状がごく軽度である場合に適応されます。

「乱杭歯」の症例はこちら

  • 歯並びに関するご相談・ご来院予約はこちら

    歯並びや矯正治療に関するご相談はお気軽にどうぞ。
    お気軽にご来院ください。

    0463-82-8213

    • 診療時間:9:30~12:00/14:00~18:00
    • 休診日:木曜日・日曜・祝日・第3日曜日の翌日

    メールでのご相談・ご来院予約はこちら