デコボコの歯(乱杭歯)の治療について|秦野の矯正治療|高橋矯正歯科医院

初診予約

再診予約

デコボコの歯
(乱杭歯)

デコボコの歯(乱杭歯)

歯と歯が重なり合って生えてきてしまい、デコボコになっている状態を「乱杭歯(らんぐいば)」あるいは「叢生(そうせい)」と呼びます。日本ではチャームポイントとも言われてきた八重歯もデコボコの歯(乱杭歯)の一種です。

デコボコの歯(乱杭歯)には、見た目が良くないだけでなく、ブラッシングがしにくいため汚れが溜まりやすく、虫歯や歯周病のリスクが大きくなってしまう問題があります。秦野市の「高橋矯正歯科医院」では、お子さまはもちろん、大人の方のデコボコの歯(乱杭歯)の治療も行っています。

デコボコの歯(乱杭歯)に
なる原因は?

  • 顎の骨のサイズに対して歯が大きいためにきちんと並ばない
  • 歯の大きさは問題ないが、顎が小さい
  • 乳歯から永久歯へ生え変わる際、スムーズにいかなかったために歯並びがズレた
  • 子供の頃に指しゃぶりや口呼吸、爪を咬むなど、悪い癖があった

デコボコの歯(乱杭歯)の問題

虫歯・歯周病になりやすい 食べ物がうまく咬めない

虫歯・歯周病になりやすい

歯と歯が重なり合っているため食べかすがつまりやすく、さらにブラッシングもしにくい状態。そのため虫歯や歯周病になりやすい。

食べ物がうまく咬めない

食べ物がうまく咬めない

上下の歯並びがデコボコだと、しっかり咬み合わないため食べ物が咬みにくくなる。

見た目が気になる

見た目が気になる

デコボコの歯並びは、コンプレックスになることがある。

デコボコの歯(乱杭歯)の
効果的な治療方法

お子さまのデコボコの歯
(乱杭歯)の治療方法

歯並びがデコボコになっているのは、「歯のサイズが大きい」「顎のサイズが小さい」のいずれか、あるいはその両方が原因です。

お子さまの場合、歯自体のサイズが大きいということは分かっても、顎はまだ成長の途中にあるため、小さいかどうかは判断できません。もし、上の4本の前歯がすべて前に出ていれば、とりあえずは経過観察をして様子を見ます(ただし、上顎の前歯のうち1本でも下顎の後ろに生えているものがあれば、顎の成長に影響がでることがあるので治療をお勧めすることが多いです)。

顎が小さいのに歯のサイズが大きい場合には、通常の大きさに顎を広げても、歯の方が大きいのできれいに並べることができません。そのため、顎を通常以上にさらに広げる治療が必要になりますが、過度の拡大はかみ合わせに問題を及ぼすばかりか、歯根が骨よりはみ出すような結果となることもあります。

顎のサイズは、4番目の歯が生え揃うまでは判断ができないため、歯が生え揃った段階で顎が小さいことが判明したら、上顎については「急速拡大装置」を使って歯列を短期間で広げる治療を行います。そして顎が十分広がった後、永久歯の矯正治療を通法に従い進めます。

上顎は急速拡大装置を使い、顎自体の大きさを大きくすることができますが、下顎に関してはできませんので下顎の骨の大きさを考えて、上顎の拡大量を決める必要があります。

大人のデコボコの歯(乱杭歯)の
治療方法

大人の場合は既に成長が終わっているため、これ以上顎を大きくする治療はできません。そこで歯を抜いたり削ったりして、歯並びを整えていくことになります。

抜歯をする際は、上下左右で合計4本の歯を抜くのが一般的です。この抜歯により、14~15㎜程度のスペースが確保できるため、このスペースを利用してデコボコを改善させていくのです。また、空いた隙間によって前歯の位置を下げることができるため、口元の改善にもつながります。

その他、前歯を外側に傾けたり、角度を広げたりする治療もできますが、その場合は唇側に傾斜した歯に唇からの圧がかかって押し戻され、デコボコが再発してしまうリスクもあります。患者さまそれぞれのお口の状況を診たうえで、治療方法を決定します。

ブラケットを使った矯正治療

ブラケットを使った矯正治療

デコボコの歯(乱杭歯)の治療のために抜歯をした場合には、ブラケットでの矯正と併用しながら、歯ぐきに小さなネジを埋め込むアンカースクリューや、頭に器具を装着するヘッドギアを用いると効果的に治療を進められます。横顔の見た目を整えるためにも有効です。

マウスピース型矯正装置を使った矯正治療

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置を用いた矯正治療も可能です。その際は、1本につき0.5㎜程度まで、歯を削ることができますが、健康な歯を削ることで、しみるようになる可能性もあります。また、歯は削ってしまうと幅が狭くなり、根っこ同士の距離が近づくため、歯を支えている骨が減ってしまうことも。この状態で歯周病にかかると、症状が進行やすくなるリスクがあるため、患者さまには事前にしっかりとお伝えしています。

マウスピース型矯正装置では、デコボコの歯(乱杭歯)の改善は可能ですが、口元の改善においては良い結果が出にくいです。口元に問題がなく、抜歯する必要のない患者さまの場合には、良い効果が期待できる治療方法だと当院では考えています。

各種ご予約はこちら

初診予約

WEB予約が空いていない場合には、お手数ですが、メールフォームからご希望の日時をお送りください。

再診予約

[再診]WEB予約

予約が取れない場合はお電話ください

TEL0463-82-8213