出っ歯の治療について|秦野の矯正治療|高橋矯正歯科医院

初診予約

再診予約

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

「出っ歯(上顎前突)」にお悩みの患者さまも、多くいらっしゃるのではないでしょうか。出っ歯とは、前歯あるいは上の歯全体が前方に突出している状態です。口元が目立つために、コンプレックスの原因となることも多いのです。

出っ歯の原因は、遺伝によるものから小さい頃の指しゃぶりといった癖に起因するものまでさまざまです。秦野市の「高橋矯正歯科医院」では、患者さま一人ひとりの状況に合わせた治療法で、出っ歯の改善を目指します。

出っ歯はさまざまな原因で
引き起こされる

  • 子供の頃、「指しゃぶり」や「舌を前に突き出す」といった癖があると、前歯が押されて出っ歯になりやすい
  • 遺伝により、上顎の前歯の位置が前方になっている
  • 遺伝により、上顎の骨が成長し過ぎて上下のバランスが崩れている
  • 遺伝により、下顎があまり成長していない

出っ歯の問題

顎関節に負担がかかる ケガをしやすい

顎関節に負担がかかる

上下の歯が咬み合っていない出っ歯は、無意識に上下を合わせようとする癖がつき、顎の関節に負担をかけて頭痛や肩こりを起こしやすくなることがある。

ケガをしやすい

ケガをしやすい

転ぶなどの何らかの衝撃を受けた時に、唇を切ったり、歯が折れてしまったりすることがある。

口の中が乾く 見た目が気になる

口の中が乾く

出っ歯が著しい場合には唇が閉じにくくなって乾燥し、唾液による自浄作用が期待できないため、虫歯や歯周病になりやすい。

見た目が気になる

見た目が気になる

唇の突出により口元が突出した感じになりやすい。また「出っ歯」にはマイナスイメージが強く、コンプレックスになりやすい。

高橋矯正歯科医院の考える
出っ歯の治療方法

お子さまの出っ歯の治療方法

出っ歯の治療を始めるにあたっては、まず骨格に以下のような問題があるかどうかを調べます。

  • 上顎が前に出過ぎている
  • 下顎が引っ込んでいる

骨格に問題が発見された場合は、小児矯正を検討します。その際、治療に用いるのは、「ヘッドギア」か「バイオネーター」が主な選択肢となります。永久歯が生え揃ってからでは、骨格の問題は改善が難しく、手術が必要になります。

反対に骨格に問題がなかった場合には、永久歯が生え揃うのを待ってから治療するという選択肢もあります。単純に前歯が突出していたり、前歯が前方に傾いていたりするケースでは、親御さまとご相談の上、今治療するか、永久歯になるのを待つかを決定します。

ただし、転倒などで前歯が破損するリスクもあるため、ご相談のうえで前歯を入れる治療を先に行うこともあります。

大人の出っ歯の治療方法

具体的な出っ歯の治療には、マルチブラケット装置を使うのが主になります。一般的には、下の前歯の位置は変えずに、上の前歯のみを動かすことも多いですが、この方法では口元が十分きれいに改善しないことも多いのです。

出っ歯の患者さまの多くは、上の歯だけでなく下の歯も前に出ていることが多いです。そのため、より前突している上だけでなく下の前歯も丁寧に後ろに下げて、バランスをとり、結果的には上の前歯をたくさん後ろに下げる治療の仕方の方が望ましいのです。しかしこの方法だと治療の難度が上がり、治療期間も長くなってしまいます。患者さまが出っ歯が治れば良いのか、横から見た口元の改善まで求めているのかなど、しっかりとヒアリングしたうえで治療方法を決定していきます。

ただし、成人になってからの治療となると、骨格的な問題がそのままになっている場合も多く、その分治療は難しくなります。また、出っ歯では前歯にのみ注目が行くことが多いのですが、実は奥歯の咬み合わせも大きくずれがあることも少なくありません。そのため、お口全体、そして骨格までを考えた治療が大切と言えるでしょう。

出っ歯にはアンカースクリューを
使った矯正が効果的

出っ歯の効果的な治療法

前述の通り、出っ歯の治療にはマルチブラケット装置と同時に、歯科矯正用アンカースクリュー(以下アンカースクリュー)」を併用するケースもあります。「アンカースクリュー」とは、小さなチタン製のネジで、これを歯ぐきに埋め込み支点にして歯を引っ張る治療方法です。

従来の治療では、奥歯を支えにして前歯を後方に引っ張っていましたが、この方法では奥歯自体もズレてしまうリスクがありますので、ヘッドギアとよばれる装置を併用することがありました。ヘッドギアは永久歯列の患者さまの場合、長時間装着するのは難しいため、アンカースクリューは有効な選択肢です。また、奥歯の咬み合わせが大きくずれている場合にも、アンカースクリューが有効です。

ただし、顎の骨が少なかったり柔らかかったりする場合には、アンカースクリューが植立できない場合もあります。当院では事前にCT撮影で骨の状態も確認し、安全かつ確実な植立部位を検討していますが、実際には埋め込んでみないと結果が分からない場合も多く、何度か調整をしながら治療を行っていきます。

アンカースクリュー矯正の
メリット・デメリット
メリット デメリット
  • 確実に理想的な歯並びが得られる
  • 短期間で治療できる場合がある
  • ヘッドギアなどの装着が不要になる
  • 歯を抜かずに済む可能性が高まる
  • 外科手術が必要な症例でも、手術を不要にできる場合がある
デメリット
  • アンカースクリューを植立する手術が必要
  • 若年層の場合、アンカースクリューが定着しないことがある
  • 脱落すると再度埋入が必要

出っ歯は矯正だけでは
改善しないケースもあります

出っ歯は矯正だけでは改善しないケースもあります

どんなに頑張っても、矯正治療だけでは前歯の位置を下げきれず、出っ歯が改善しないケースもあります。その場合は外科的な処置が必要になりますが、その際「歯のズレが大きいために、咬む機能が阻害されている」と判断されれば、保険適用となるケースもあります。詳しくは当院までご相談ください。

各種ご予約はこちら

初診予約

WEB予約が空いていない場合には、お手数ですが、メールフォームからご希望の日時をお送りください。

再診予約

[再診]WEB予約

予約が取れない場合はお電話ください

TEL0463-82-8213

PDf;