出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

第6話:いつ矯正治療をやるのがいいのか

「今すぐ始めたほうがよいでしょうか」「もっと早くに受診するべきだったでしょうか」これもよく聞く質問です。治療開始時期に対する私のスタンスは、早くやるべきものは早く、あとでよいものはあとで です。

「早くやりなさいと他の先生で言われました」という患者さんに、「そうです。今始めたほうがよいと思います」 と答える場合もありますし、「まだ様子を見て良いのではないでしょうか」 という場合もあります。

このような質問はやはり小学生のお子さんの患者さんで多いのですが、一般的には骨格的な問題、例えば出っ歯ですとか受け口の患者さんはやはり前歯が生えそろう前後で治療を始めた場合が良いことが多いです。また受け口があまりにも重篤な場合は、まれではありますが乳歯期から治療を行なう場合もあります。

また前歯が全部逆というのでなくても逆の咬み合わせの歯がある場合は今後の顎の成長に悪い影響を及ぼす場合や、咬む力の強い子の場合、逆のかみ合わせが原因で歯茎が著しく下がってきてしまうこともあるので、その段階で治すことをおすすめします。

でも症状がでこぼこだけの場合は、概して治療を急ぐ必要はありません。特に患者さんのほうから早く治したいという希望がなければ、永久歯が生えそろうまで待つことが多いです。

1期治療、2期治療という考え方

日本臨床矯正歯科医会神奈川支部で主催した市民セミナーで、矯正相談をやらせていただくことがありますが、患者さんから上がる質問として多いのが、いつ治療をやるべきなのかということです。

矯正治療のパターンとして、1期治療 2期治療という考え方があります。まずは、永久歯が生えそろうまでの段階でやることがあればやる。これは上記の様に骨格性の問題を成長がコントロールできるうちに、修正しておくということになります。

上記の出っ歯や受け口の他に、顎が小さい場合は大きくするということをやる場合もあります。もちろん一期治療だけで治療が終了してしまうこともありますので、これは子どもも負担が小さく治療費も低額ということになります。

2期治療というのはいわゆる大人の治療と同じです。1期治療で骨格性の問題が改善していれば、あとはでこぼこを治して咬み合わせをしっかり作るということになります。骨格性の問題がまだ残っていれば、それを補償するようにより多く歯を動かすということになります。

ですから1期治療で完璧な結果がでていなくてもこの段階でそれを補償して治すということは可能になります。でも、補償出来る量すなわち歯を動かす量にはもちろん限界があります。

大人になってから(成長が止まってから)治療にみえる患者さんの中には、「1期治療をやっておいてもらえればなあ」と思う患者さんもいます。そういう場合は、歯を動かす量がとても多い難しい治療が予想されたり、外科手術を併用しなければならないという患者さんもいます。

上顎前突(いわゆる出っ歯)の子どもの場合は、1期治療で骨格的不正が完全に正常に治らなくても2期治療のやりかたやタイミングによってはさらに改善することも可能なことがあります。これは下顎の成長は背が伸びている間は期待できるということによります。でも、より確実な結果を目指すのであれば、小学生のうちに骨格的な問題には手を付けておきたいというのは本音です。

タイミングを見極めるのも矯正医の仕事

また2期治療開始のタイミングにも少し考慮が必要な場合があります。早すぎても困る場合がありますし、遅い場合ももう少し早くやっておきたかったなという場合があります。これは完全に患者さんの状態に依存し、そのタイミングを見極めるのも矯正歯科医の仕事と思います。

2期治療を6歳臼歯まで揃った段階で始める場合と12歳臼歯が揃うまで待つ場合のふたつのパターンがあると私は考えていますが、それはその子の骨格の状態、でこぼこの程度などによって異なります。

大方の場合、12歳臼歯が出るまで待つことで、手遅れになってしまうということはありませんが、特に上顎前突の患者さんで1期治療で下顎の成長が充分引き出せなかった場合は、12歳臼歯がはえるまで待たずに行うということもあります。

逆に面長な顔立ちの場合は治療中の臼歯(奥歯)のコントロールがより必要になるので、下顎の12歳臼歯が出るまで待つということを提案することもあります。

しかし、近年は12歳臼歯がはえるのが遅い子ども(高校になっても生えない)も少なくなく、レントゲンで12歳臼歯が普通に生えそうかどうかというめどをつけておくことも重要です。

受け口のお子さんの場合は2期治療の開始は急がないことが大切です。一期治療で受け口が改善しても、女の子では小学校高学年くらい、男の子では中学校くらいの、身長がぐんぐんのびる時期に下顎が伸びてきてまた受け口が再発してしまう場合があります。

もし、2期治療を始めた後に背がどんどん伸び始めると、背の伸びが止まるまで治療が終了しないということにもなりかねません。通常は1年に10cm程度背が伸びる時期がありますので、数ヶ月おきの来院のたびに身長を測り、この時期を超えたことを確認して2期治療にうつるというのが受け口の患者さんでは一般的です。