出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

口呼吸と鼻呼吸

12月に入り、日に日に寒さが増していますが、皆さん体調はいかがですか?

この時期になると、毎年ノロウイルスやインフルエンザが流行します。感染しない為の予防法として、マスクをつけること、手洗いやうがいをしっかり行なうことなどがあげられます。さまざまな予防法があると思いますが、今回は「口」に関連した予防法のお話しをしたいと思います。

突然ですがここで皆さんに質問です。「今、口は開いていますか?閉じていますか?」

今、口が開いていた方!要注意です!口をポカンと開けてしまう癖があるかもしれません。その場合、口呼吸になっている可能性があります。

本来、人は鼻呼吸をしています。鼻呼吸をすると、鼻毛や鼻粘膜の組織がフィルターになり、空気中の細菌、ウイルス、ホコリなどの有害物質を体内に入れないように働いてくれる為、きれいな空気が体内に取り込まれます。

しかし、口呼吸の場合、口から入った空気が直接のどに入り込む為、細菌やウイルス、ホコリなどが体内に入りやすくなり、のどを痛めたり、風邪を引きやすくなります。

また、口の中が乾燥し、細菌が増えることでむし歯や歯周病のリスクも高まります。前歯の着色、口臭、唇の乾燥の原因になることもあります。

さらに口呼吸の方は、口で呼吸をしやすくする為に、舌の位置を本来あるべき場所より下にずらしていることが多く、歯に余計な舌の力が加わり歯並びが悪くなる場合もあります。

さまざまな悪影響を及ぼす口呼吸、百害あって一利なしと言っても過言ではないかもしれません。

このように、鼻呼吸は健康の為にとても重要な働きをしています。普段から鼻呼吸ができているか確認をしてみてください。呼吸は無意識にしているものですが、口呼吸になりがちな方は意識して鼻呼吸を心がけてみてください。

手洗い、うがい、そして鼻呼吸!体調に気をつけて寒い冬を乗り切りましょう!

歯科衛生士 成田

「医院コラム」の最新記事はこちら