出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

6歳女児 受け口の症例

初診

初診

術後

術後

年齢 初診時 6歳
性別 女児
主訴/ニーズ 就学前検診で受け口を指摘されて来院されました
診断 下顎前突 叢生
治療内容 顎の成長を定期的に観察し、第1期矯正治療では9歳の時にリンガルアーチとフェイスマスクを用いて顎の成長をコントロールしました。その後引き続き成長を見守り、第2期矯正治療は13歳の時よりクリアブラケットを用いて治療を行ないました
費用 第1期矯正治療 装置料・基本施術料19万円(税抜)別途、検査料・口腔衛生指導料・処置料 / 第2期矯正治療 装置料・基本施術料68万円(税抜)別途、検査料・処置料
期間 第1期矯正治療 1年 / 第2期矯正治療 2年6か月
治療のリスク等

・歯を動かす場合、舌癖が出現して噛み合わせが安定しないときは舌癖のトレーニングが必要になります

・歯を動かす場合、まれに歯の根が短くなることがあります

・歯を動かす場合、噛み合わせが変わるため、まれに顎の関節の音がしたり痛くなることがあります

・歯みがきが悪い場合はむし歯になることがあります

・保定装置を入れていない場合は歯並びは元の状態に戻ることがあります

・親知らずが生え、歯並びを押して悪くする場合は抜歯する必要があります

・下顎の成長が盛んな場合は成人になって外科矯正の可能性があります

・下顎の成長発育が盛んな場合は前歯の咬み合わせが浅くなり再治療が必要となります

・下の前歯が少し内側に傾斜しおとがいの突出感が残ります

「受け口」の他症例

矯正治療を成功させるために