矯正中の歯の磨き方

矯正中の歯の磨き方

歯の矯正治療を受ける時は、矯正装置を取りつけるので通常よりも丁寧に歯を磨くことを意識しなければいけません。歯に残った食べカスは、時間が経過するとプラークという塊になり、虫歯の原因になってしまいます。こちらでは、矯正中の歯の磨き方をご紹介いたします。

汚れが残りやすい場所を知る

当然かも知れませんが、特に汚れが残りやすい部分は矯正装置の周りです。矯正装置部分を中心にし、上下に分けて歯を1本ずつ丁寧に磨きましょう。歯と矯正装置の間の溝は汚れが溜まりやすい場所ですが、歯ブラシを斜め45°にあてながら磨けば、しっかり汚れを取り除くことができます。また、歯と歯の間も忘れずに磨きましょう。
歯と歯の間は歯ブラシを縦にして、ブラシの先端を使って磨くのがポイントです。

磨く時はしっかり鏡を見ながら

磨く時はしっかり鏡を見ながら

ほとんどの方が鏡を見ながら歯磨きをしていると思いますが、考えごとなどをして案外しっかり見ていないことはありませんか?矯正治療中に歯を磨く時には唇や頬を指で引っ張るようにして、歯の状態をしっかり鏡で確認しながら磨くようにしましょう。一つ一つの歯を鏡で見ながら磨けば、磨き残しを防ぐことに繋がります。

歯磨きにストレッチを取り入れる

矯正装置を装着していると、そうしても口周りの筋肉の動きが悪くなるので、時間がある時には歯磨きをしながらのストレッチがおすすめです。歯ブラシを口に入れて、ブラシの背の部分を頬の裏側にあて上下に動かして筋肉を伸ばしてみましょう。始めは歯ブラシが動かしづらいと思いますが、ストレッチを続ければ、口の筋肉が柔らかくなり滑らかに動かせるようになります。

当院は、受け口や乱抗歯などの歯の矯正治療を専門に行っている歯科医院です。スタッフには矯正専門医が在籍しているので、安心して手術を受けることができます。泰野市に所在する当院は、小田原市・平塚市など様々な地域から多くの方々にご来院いただき、数々の実績と経験を重ねてきました。受け口・開咬などでお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。

  • ページのトップへ戻る