歯の寿命を延ばすには?

歯の寿命を延ばすには?

「年齢に比例して歯の数は減っていく。」この事実は、何となく誰もが把握していることではないでしょうか?しかし中には、80歳を迎えても健康な歯がたくさん残っている方もいれば、そうでない方も見受けられます。その差は一体どこにあるのでしょう?

平均的な歯の寿命はおよそ60年

世界有数の長寿国として知られる日本ですが、実は歯の寿命はそれほど長くありません。これまで歯科医師が積み重ねてきたデータによると、日本人の歯の平均寿命の年数は約50~70歳という結果が出ています。『8020運動』でも推奨されるように、上下合わせて20本残すのが理想的とされているものの、実際には80歳を迎えた日本人の平均残存本数は10本にも満たないのが現状です。

人によっては、その後何十年も歯の無い状態で生活していかなければなりません。身体の寿命は延びても歯を失ってしまえば、健康的な食生活を送ることができなくなります。美味しいご飯を毎日楽しく食べるためにも、ご自身の歯の健康状態にはきちんと目を向けてあげましょう。

寿命に影響する歯のグラつき

寿命に影響する歯のグラつき

歯が抜ける原因としては、虫歯や歯周病によるものが大多数を占めます。いずれも食生活の改善や不衛生な口腔環境を正す(プラークコントロール)必要がありますが、本来、その虫歯や歯周病ができやすい状態をつくってしまうのは、出っ歯や受け口、開咬といった歯並びの悪さです。

歯並びが悪ければ磨き残しが増えて口内環境が乱れ、それが虫歯や歯周病を誘発させてしまいます。

また、デコボコな状態はかみ合わせまでも悪くし、一部の歯だけに過剰な負荷がかかって「最終的にはグラつき抜けていく」といった悪循環を招きます。歯の機能だけでなく身体全体の健康にも大きく影響してくるものなので、歯並びの不正を矯正して、噛んだ時にかかる力のバランス改善を図りましょう。

秦野市、小田原市、平塚市、厚木市、伊勢原市、中井町にお住まいの方で、出っ歯や受け口、開咬にお悩みの皆様、矯正治療を受けるならぜひ当院をお選びください。当院では、治療前のカウンセリングをしっかり行い、患者さんのご要望や症状に合わせた矯正法(ブラケット・インプラント)をご提案しております。長年の経験を持つベテラン歯医者ならではの専門矯正治療で、一人でも多くの患者さんに笑顔になって欲しいと願っています。

  • ページのトップへ戻る