出っ歯でお悩みの方
出っ歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
乱杭歯でお悩みの方
受け口でお悩みの方
受け口でお悩みの方
開咬でお悩みの方
開咬でお悩みの方

Four promises4つのお約束

小児矯正について

目立たない矯正治療について

メンテナンスについて

Movie
動画でわかる矯正治療

以前、私のブログにアップした有村藍里さんの記事のアクセス数がいつも多い現状です。
確かに昔ウェンツ瑛士さんが矯正をされているという記事を当時のブログに書いた際も、多くのアクセス数があったような記憶があります。

以前に比べて矯正治療をやっていることを公言されている芸能人の方も多いように思いますが、これにはやはりマウスピース型矯正装置の普及が原因しているかもしれません。もちろん、かつてのウェンツさんのように表側の装置でやっているひとも、裏側からやっている方もいるかと思います。

ざっとネットを見てみると、多くの芸能人の方が矯正をやっている様子です。しかし、中にはあくまでも私の推測ですが、矯正を行っていると公言されていたりネットの記事になっている方でも、例えば沢尻エリカさんとか日村勇紀さんはいわゆる矯正治療ではなく、おそらく歯の形を変えたりする補綴治療によって見た目をかえているように思います。沢尻さんも矯正をしたにしては、前歯2本の配列が変わっていません。おそらく左上の引っ込んでいた2番めの歯の形をかえたのかなあと思います。また、日村さんの上の前歯は明らかな差し歯です。

最近人気の本田翼さんも、確かに矯正をしたのかなあという感じです。とてもきれいになっています。よく見ると下の前歯の真ん中に隙間が残っているような写真もありますが、今はどうなのでしょうか。また右上の犬歯の一本後ろの歯がちょっと変わった形に見える写真もあります。もしかすると抜歯をしたのですが、隙間を閉鎖させずに治療を終え、歯の形を大きくしているのかもしれません。
いつのものかはわかりませんが、その写真を見た感じでは1mm程度のわずかなスペースというよりは、もっと大きなスペースがあったように見えます。かみ合わせをしっかり整えるという観点で治療を行うと、上下の歯の大きさの比があまりよくないと、少々スペースを残さざるを得ないということもあるのですが、おそらくは、そうではなくスペースは残っても良いので装置を早く外そうということで治療を早々に終了されたのかもしれません。
真実はわかりませんが、もしそうだとしたら一般的にはあまりおすすめはできない形です。

また、笑い方によってはややガミースマイルに見える写真もありますので、本来であればそれも矯正治療で改善してもよかったのになあ、とも感じます。でも治療期間は延びることとなったかもしれませんので、職業柄難しい選択だったのではないでしょうか。

時間がかかってもガミースマイルをしっかり治そうという方は、そういう治療計画を矯正歯科医に相談するのもよいかと思います。
メリット・デメリット含め教えてくれるはずです。

「院長コラム」の最新記事はこちら